日本橋蛎殻町 すぎた12/26

食べ歩き

★のつけのほたて  甘味の品の良さ クリクリというしなやかなアスリート。香りの甘みがいやらしくない。澄んでいる。

★神奈川カワハギ  奥ゆかしいあまみ

 

★舞鶴のカツオ

和辛子。なめらか。皮下がなんともエロい

 

★白子 昆布出汁がきれい

 

★穴子茶碗蒸し

 

★仙鳳趾の牡蠣

 

★太刀魚ムース。見事な焼き、空気を含んでいるかのようにふわりと崩れて甘みをにじませる。

 

握り

★コハダ深い味  後から酢飯の旨味と酸味が現れて共鳴する

★竹岡の鯛  凛々しい。

脂が濃い

★シャコ  太ってむちむち。

 

★サヨリ

かんぬき 太い いきのいい食感。

 

★かすご スダチ 艶かしい。分厚い。

 

★赤身

なめらか冬の割には香りも

 

★トロ  脂がきれい

 

★イワシ  脂が乗っている

 

★車海老

ほどよい大きさ

 

★ウニ

ウニほのかなあまみと酢飯の酸味がくる。

 

★サバ

ぐいっと脂が乗っている