東京とんかつ会議148八丁堀「とうや」白豚(SPF)ロース定食1700円+税

とんかつ会議

東京とんかつ会議147八丁堀「とうや」白豚(SPF)ロース定食1700円+税
【肉3衣2油2キャベツ2ソース2ご飯3味噌汁2お新香3特記メンチカツ合計20】各項目3点満点特記1点総計25点満点

 いい肉である。キメが細かく、柔らかすぎることなく、噛む喜びがあって肉汁に富んでいる。脂は締まっていながら溶け具合もよく、綺麗な味がする豚である。「アボカドサンライズポーク」といって、アボカドを食べさせ、通常より広い豚舎で育てたという千葉県産の豚で、「白豚(SPF)」がそれになる。
 衣は中粗で悪くはないが。もう少しキメを細かくしたほうがこの豚には合う気がする。揚げ油は植物性と思われ、この肉に対してはコクが少ない。また衣が一部肉との間に隙間ができていたり、右端のカブリ部分の筋の火入れが、やや甘く、点を2とした。
 ご飯は美味しい。きゅうり、白菜の浅漬けと小梅干しのお新香はとんかつの合いの手として、充分。キャベツはやや甘みが乏しい。ソースはくどくなく香り高くていい。味噌汁の具は、青菜とネギに油揚。
 メンチカツは、脂分が少なく肉肉しい香りに満ちて、食べ応えがある。

 

山本氏【肉3衣2油2キャベツ2ソース2ご飯3味噌汁2お新香3特記なし合計19】

河田氏 肉3、衣2、油3、キャベツ2、ソース2、御飯3、お新香2、味噌汁2 19点