東京とんかつ会議141浅草「とお山」上ロースかつ定食1450円

とんかつ会議

東京とんかつ会議141浅草「とお山」上ロースかつ定食1450円
前回:【肉3衣3油2キャベツ2ソース3御飯2味噌汁2お新香1特記カキフライ計19点】
今回:【肉3衣3油3キャベツ3ソース2ご飯3味噌汁2お新香2特記カツカレー1合計22点】各項目3点満点特記1点総計25点満点

前回は私だけが19点をつけ、殿堂入り審議を逃していた。今回改めてBSTBS「東京とんかつ会議」の収録で訪れ、上ロースカツと上ヒレカツ、カツカレーをいただいた。
前回油が2としたのは、以下の理由は、「やや揚げすぎで、肉に若干火が通り過ぎて食事の後半になると肉に力がなくなっていた点と衣が剥がれ気味な点」
であった。だが今回は全くそのようなことが見当たらず、ベストなタイミングで、特に右端の脂の多い部分が素晴らしい。脂の甘い香りが濃く、それがほの甘い豚肉の味わいと重なって、とんかつを食べる醍醐味を伝えてくれる。また細かい衣もサクサクと音を立て、肉とのバランスもいい。そしてなにより、ラードのコクと香りそれに、ヘットの甘い香りをまとった揚げ油が魅力的である。
粗かったキャベツも細く均一となり、ご飯もおいしくなった。誠実そうな若主人の日々の鍛錬が向上させているのだろう。とんかつ好きな若い職人が活躍するのは嬉しい。
またヒレカツも香り高く、そのヒレカツを使ったカツカレーも、肉の香りとカレーの香りが共鳴するこの料理ならではの一つの高みがあって、おすすめである。

山本氏

【肉3衣3油2キャベツ3ソース2ご飯3味噌汁2お新香3特記ひれかつ1合計22点】

河田氏

肉3、衣3、油3、キャベツ3、ソース2、御飯3、お新香2、味噌汁2 21点