とてつもなく危険

食べ歩き ,

ホタルイカの精が、舌の上でのたうち回っている。
茹でたホタルイカから、目と足と墨袋(なんという仕事)を取り、ミルでまわして作ったペーストを、そばそうめんにからめてある。
上には、細く細く輪切りにしたホタルイカの胴体が置かれて、僕を待つ。
するる。するる。
やわで優しいそばそうめんに、ホタルイカのうま味がからみ、口元に登ってくる。
肝が肝以上に濃密で、イカの身肉が身肉以上に甘く、それらが抱き合った、混沌なる凝縮が、舌を包み込む。
若牛蒡の爽やかが、そこでリズムを作り、さらにイカのいやらしさを膨らます。
そこへそっとぬる燗を流してやった。
ああ、さらに香りが膨らんで、心が溶け始める。
これは危険だ。
とてつもなく危険だ。
今日も松尾さんにやられました。
大阪千里山「柏屋嘉翆庵」の一皿。