神田 室町砂場

続・東京にはあんかけうどんがない。 <江戸の常日>

もう一軒は、神田にある「室町砂場」である。

ここでも“うどん前”としゃれよう。

お通しの梅くらげ、玉子焼きにお新香でいっぱいやってからと思ったが、調子に乗ってきた。

ねぎ焼きに小田巻蒸しも天ざるも頼んでしまえ。

そしていよいよ『あんかけうどん』である。

こちらは、玉子焼きにエビ、椎茸、蒲鉾、三つ葉、麩という布陣である。

とろみ具合が強く、うどんを持ち上げる手が重い。

うどんはどこまでも柔らかく、この主張のなさがあんのとろみと合うんだな。

玉子焼きは上品な味わいで、椎茸はしっとりと味がしみている。

こちらも酒の肴になる。

おじさん一人、『あんかけうどん』をつまみにして、燗酒をゆっくりとやる。

そんなゼータクな午後があってもよろしいじゃございませんか。