湯豆腐の歌

食べ歩き , ポエム

年の瀬に思ふ。
身の冬の とどのつまりは、湯豆腐のあわれ火加減、うきかげん。
月は隠れて雨となり、雨また雪となれしかな。
所詮この世は、ひとりなり。泣くも笑うも、泣くも笑うもひとりなり。
久保田万太郎 湯豆腐の歌