波紋。

食べ歩き

波紋は生きていた。
最初は小さく、次第に大きなうねりを生んで、心に広がっていく。
島原「pesceco」のカワハギのサラダである。
昆布水の泡にスプーンを差し込めば、カワハギの薄切りが顔を出す。
そのまま口に運べば、昆布の澄んだうま味の中でカワハギが泳ぎ、淡い甘みが広がっていく。
その甘みを、太白ごま油が静かに押し上げる。
あまつさえスプーンを差し込めば、赤ウニが現れ、肝が現れた。
赤ウニの甘みと肝のコク、さらに肝にからめた魚醤の練れた塩気と胡麻油の香りが加わって、カワハギはたくましい表情となる。
さあもっと深くスプーンを差し入れてみよう。
底には米があった。
丸い酸味を帯びた米があった。
その優しい酸味が、カワハギに優美を運んでくる。
聞けば、柿酢を煮出して玉ねぎに含ませ、酸味をまろやかにしてから茹でた米と合わせたのだという。
淡味からたくましさへと広がり、そしてエレガントに移り変わる。
めくるめく時間が、永遠の豊かさに向かって登っていく。
音なき興奮が、波紋のように体の中で膨らんでいく。
もう僕に言葉はない。
島原「pesceco」にて