官能と直情

食べ歩き

一つは官能であり、一つは直情であった。
一つはエレガンスがあり、一つはパッションであった。
新保さんの還暦会東京第一弾の会での「ラフィナージュ」高良シェフと「mondo」宮木シェフが焼いた牛肉である。
鹿児島県産黒毛和牛の炭火焼きとインサラータミスタ
Manzo nero giapponese alla brace con insalatamista
鹿児島県産黒毛牛のローストとマッシュルームのコンビネーション
ポワブラードソース
Aloyau de boeuf roti et champignons sauce aux poivrade
宮木シェフの肉は、歯茎と鼻腔に訴える。
ガシッと歯に食い込むと、焼け焦げた香ばしさと表面に凝縮した旨味が熱情となって口の中を流れ、鼻に抜けて、コーフンさせる。
一見大人しくみえる宮木シェフが発した情熱の熱さに絆される。
一方高良シェフはどうだろう。
歯は肉にしっとりと吸い込まれる。
ゆるりゆるりと肉汁が流れ、ポワブラードソースと渾然一体となり、色香を灯すのである。
ああやはりこの人の料理はいやらしいなあ。
マッシュルーム香りが溶け合うのを感じながら、お二人の料理を反芻する。
新保さんへの敬意を示しながら、個性がぶつかった料理を思う。
官能も直情も捨てがたい。
それはどちらも、愛を育むものだからね。