割烹でいただく、優雅な午餐。

食べ歩き , 寄稿記事

銀座の品が漂う割烹である。

ここの昼定食がいい。

日替わりで、煮物、焼き魚、煮魚、たんぷら、肉料理、刺身とあって、毎日訪れたくなる。

そして名物「鯛茶漬け」も待ち構えている。

器には、ゴマだれに浸かったタイの切り身が9切れ盛られ、二種類の小鉢とお新香、味噌汁、ご飯が添えられる。

まずは、鯛で白いご飯を掻き込もう。

タイの甘みにゴマダレのうま味がからみ、ご飯が猛然と進む。

全部これで食べたくなるところをぐっと我慢をして、タイをご飯に乗せ、熱々の玄米茶をかける。

鯛茶漬けというと、出汁をかける店が多いが、あれではうますぎてしまう。

玄米茶の素朴さがタイを引き立て、ザブザブとかきこめば、目が細くなって、無我夢中で食べ終えてしまうのだ。

「むとう」