ジビーフが生きてきた証

食べ歩き

それは命の雄叫びだったのかもしれない。
「桃の木」のスペシャリテであるパパイヤの蒸しスープに、ジビーフ の内臓をごっそりと入れたスープである。
ミノ、ハツ、ハチノス、そして豚のガツに干し貝柱が、入っていた。
クニュ、ムチッ、シコッ、ふわり。
澄んだ滋味がいきわたるスープに、充足のため息をつきながら、内臓類を噛みしめる。
草だけを食み、水分をごくごく飲んで育ったジビーフ の内臓は、余分な脂などない。
第一胃袋であるミノ以外は、薄く、繊細である。
彼らはそれぞれに、違う食感を表しながら、歯茎を喜ばせる。
「僕はここにいるよ」。
「僕はこっちだよ」。
噛むたびに、内臓類が囁く。
パパイヤの甘みに抱かれながら、淡い淡い風味を、そっと忍ばせる。
それはジビーフが生きてきた証なのだろう。