ウニ炒飯

食べ歩き

ご飯は、海胆炒飯 ウニ炒飯だった。
はらりと炒められた炒飯に、上湯と合わせたウニの餡がかけられる。
淡い塩味の炒飯に、ウニの優しい甘みが溶け込んで、なんとも穏やかな気分を呼んでくる。
そこへ添えられた鮑の肝ソースをかけたらどうだろう。
よくよく混ぜて口に入れた途端、海の底へ引きずり込まれた。
海の豊穣に包まれながら、僕らは果てしないうま味の底へと連れ去られるのだった。
仁修樓にて