東京とんかつ会議201五反田「とんかつ満天」上ロースかつ定食220g 1590円

とんかつ会議 ,

東京とんかつ会議201五反田「とんかつ満天」上ロースかつ定食220g 1590円
【肉3衣3油3キャベツ2ソース2ご飯3味噌汁2お新香2特記なし合計20点】各項目3点満点特記1点総計25点満点
人気店「食堂とだか」などが入る雑居ビル、愛称五本木ヒルズにて4月に出来たトンカツ屋である。カウンター五席、テーブル席二席の、小体な店を、男性二人で切り盛る。
中心がややロゼ色に仕上がったとんかつは、若干水分が抜け気味だが、十二分にうま味と香りがあり、揚げ切りもいい。やや高温ぎみ、糖分がある衣ゆえに薄茶ではなく、しっかりとした衣で香ばしく、中粗でサクサクと心地よい音を立てる。揚げた後の休ませ方も十分で、下の衣は軽く湿っている程度である。
脂がもう少し溶け具合がゆるいと完璧だが、それはこの値段を考えると、余分な意見だろう。今新しくできるとんかつ屋は200gで二千円以上というのが相場だが、その中にあって健闘している。
脇役ではご飯がいい、蒸れくさくなく、甘い香りがある。味噌汁はもう少し香りが欲しい。お新香は浅漬けのキャベツときゅうり。小鉢でポテサラもつく。
仕事の手際よく、普段使いのとんかつ屋としては都内トップクラスである。隣の方が食べていたランチのとんかつは薄いものの、じつにおいしそうであった。次回はぜひ頼みたい。
メンチカツは、脂っぽさを和らげるためにパセリのみじん切りを振りかけてある仕事が面白い
ヒレ・ロースかつ合盛り定食1400円
山本
【肉3衣3油3キャベツ3ソース2ご飯3味噌汁2お新香2特記ランチの定食1合計22点】
河田
上ロースかつ定食(1590円)
肉3、衣3、油3、キャベツ2、ソース2、御飯3、お新香2、味噌汁2、特記 なし 計20点