崎陽軒「横濱ピラフ」の食べ方

食べ歩き , 駅弁

崎陽軒「横濱ピラフ」の食べ方
今時660円は安い。
だいぶ前に「横濱炒飯」の食べ方は、指南した。
今度はピラフといってみよう。
1.まず鳥の唐揚げとナポリタンを、弁当の蓋裏に避難させる。
2.ピラフを四等分にして、グリンピース、マッシュルーム、海老とわける。
3残りの一区画には、パプリカピクルスを千切ってのせる
4.ピースピラフ、マッシュルームピラフの割合はこんな感じ
5.ナポリタンを取り出した後に残った、うっすらとケチャップが残ったスペース。ここにピラフを入れ、薄味系ピラフと、洒落る。
6.芝エビ一つは、ナポリタンと食べる。
7.鳥唐揚げの皮とピラフ。ポテサラ乗せピラフも、下品でおいしい。
8.シウマイを受け止めるのはやはり白いごはん。ピラフは合わないので、シウマイ2個は単体で食べる。
9.最後の味変として、ナポリタンとピラフを混ぜる。
10.おお。ケチャップライスとなるではないか。パスタの色の落ち方を見てほしい。ケチャップは、完全にご飯に吸い込まれている。
11.いわば西洋版のそばめしである。意外とうまく、笑いを呼ぶ味である。
(注)間違ってもシウマイ用醤油をピラフにかけてはいけない。まったく合わない。