炒飯の四面楚歌

食べ歩き , ご飯料理

実は、冷やし中華を食べようと思って店に入った。
ところが前後左右、炒飯である。
炒飯の四面楚歌である。
「龍朋」には、25のメニューがあるが、みな炒飯しか頼んでいない。
猛暑にかかわらず、炒飯である。
サラリーマン四人組も、大学生も、女子2人も、炒飯をかきこんでいる。
そのため、注文を取りに来た店員に、思わず「炒飯」と言ってしまった。
冷やし中華を食べようと思っていたのに。
数えてみたら、24人の客中、22人が炒飯を食べている。
この店は炒飯マニアが集まる店か?
否。
それほど個性的なのか?
否。
麻薬でも入っているのか?
否。
具が豪華なのか?
否。
テレビで紹介されたのか?
否。
周囲一キロ圏内に、中華料理屋がないのか?
否。
おそらく昼だけで百数十食、炒飯が出ているのに違いない。
その勢いに押されて、冷やし中華が頼めなかった。
これだけ頼む人が多ければ、いちいち炒めてなんかいられない。もうすでに炒めてあるのだろう。
頼んで、45秒で運ばれた。
さてその炒飯は、どこにでもあるようなフツーの炒飯で、具は、チャーシュー、ねぎ、卵以上。
それなのに人は、この店の炒飯に恋い焦がれる。
パラパラではなく、しっとりとしているのは、純日本的だがが、しょうゆ味を効かせた、焼き飯ではない。
美味しいが、特別にという感はない。
そのフツーさに魅了されるのかとも思うが、この店でなくとも、どこにでもありそうな炒飯である。
僕はまだ、その理由がわからないまま、食べ終えた。コメ一粒残さず食べ終えた。
あれほど冷やし中華が食べたかったのに。
(しつこい)。