これぞアメリカスタイル、独創的な肉料理の迫力

食べ歩き , 寄稿記事

ドドーン。

ハンバーガーが置かれた瞬間に、音が響いた気がした。

それほどまでに威風堂々たる姿である。

たまらず頬張れば、バンズが歯に食い込み、パテに歯が入っていく。

なにより肉の香りが立っているのがいい。ハンバーガーながら、「肉を食らっているぞ!」と叫びたくなるコーフンがある。

出過ぎていないソースのバランスも良く、パテを生かす量と味わいが考えられている。

さらによく噛めば、生ハムやチーズのコクが追いかけて、顔がだらしなくなっていく。

毎朝手切りしているというフライドポテトも芋の香りが生きている。

さらにオススメは、フライドチキンパンケーキ。

チキンの衣とバーボン香が効いたメープルシロップとの意外な相性に、はまってしまうのだな。

新橋「バビーズ」にて