「神々しい」

食べ歩き

ハンバーグ
「神々しい」と思ったのは、「旬香亭」が初めてである。
皿に鎮座するそのお姿に、一瞬手をつけるのをためらう。
しかしいつまでも眺めているわけには、いかない。
フォークとナイフを手に取り、切ろう。
吸い込まれるようにナイフが入っていく。
しかし他のハンバーグで見られるような、半透明の液は一切出ない。
余分な脂などなき、肉塊だからである。
合挽肉で作ったハンバーグは、優しき味。
ふんわりと舌に着地して、ほの甘い味を広げていく。
食べ進むと、穏やかな気分を運んでくる。
牛だけで作ったハンバーグは、凛々しい味。
「俺のエキスをあじわいつくせ」と命令し、ハンバーグなれど「噛む喜び」がある。
食べ進むと、猛々しい気分となって、鼻息が荒くなる。
いずれもまずはそのままで食べ、次に上出来のデミグラスをかけて食べる。
そこで大至急ご飯。
ああ、なくなっていくのが、悲しいなあ。