「いがめんち」。 青森 奥入瀬渓流ホテルのフレンチレストラン「ソノール」。

食べ歩き

今年1番の発見が「ソノール」だったと以前書いた。
以前が3月だったので、夏の料理が食べたくて、またやってきた。
「いがめんち」。
青森を旅したことのある人なら、必ず出会う弘前の郷土料理である。
イカのゲソを細かく刻み(最近は胴体を入れることも)、玉ねぎなどの野菜、小麦粉と混ぜ合わせて、油で炒めたりあげたりした素朴な料理である。
「ソノール」の前菜一品目は、この「いがめんち」だった。
とうもろこしのピュレを敷いた上には、イカの身とイカスミ、野菜をまとめて揚げた「いがめんち」が置かれ、上にはニンニクの泡が乗っている。
ナイフで切って口に運ぶ。
途端に、笑い出したくなった。
モダナイズされてはいるが、いがめんちの庶民性は失っていない。
素直なうまさがあって、それらをとうもろこしの甘さやニンニクの香りが、優しく盛り上げている。
洗練されているが、気取ってない。
郷土料理をフランス料理に翻訳する。
その手法はいろいろあろうが、この料理には、まず岡シェフの郷土への敬意があって、自己の主張は控えている。
だからこそ心を暖かくし、笑い出したくなるのだろう。
青森 奥入瀬渓流ホテルのフレンチレストラン「ソノール」。