60年の付き合い、峠の釜飯のお作法

駅弁

もう60年の付き合いとなる。
小学生の頃からなので、駅弁食史上、最長不倒記録である。
高校大学時代はよく、二つ食べていた。
蓋を開けたらそのまま、何も考えず、一気呵成に食べてもおいしい。
だが今は、自分なりの作法を確立している
以下、手順を記す。
① 蓋を開けたら、シイタケと杏、栗などを蓋の裏に移す。大体筍ニ切れ、紅生姜、椎茸一切れ、栗、杏子 ご飯を露出させ、食べやすくするためである。
② シイタケを退けたスペースに現れたご飯から食べ始める。うっすらと椎茸の味がしみているのがいい。
③ おかずの順番は、ごぼう、タケノコ、シイタケ半分、鶏肉である
別添えのお新香(キュウリ漬け・山ごぼう漬け・小ナス漬け・小梅漬け・わさび漬け)は、釜飯を食べる句読点としてのリズム作りと心得る。
④ ただし小ナス漬けや山牛蒡は、わさび漬けを擦りつけると美味しい。
⑤ ささがきごぼうは、紅生姜と混ぜて食べてもおいしい。
⑥ 鶏肉は、ご飯の上に乗せて一緒に食べても美味しい。
⑦ 椎茸は、握り寿司のようにご飯の上の載せて、一口でやる。風情あり。
⑧ 途中まで食べたら空いたスペースに鶏肉や卵などを落とし込み、より食べやすくする。
⑨ 杏問題。シウマイ弁当ほど問題ではない。デザートとして食べても良いし、鶏肉と抱き合わせて食べても面白い。
⑩ 3個のグリンピースは大切に、序盤、中盤、終盤に分けて一つずつ食べる
⑪ 筍と栗はそれぞれ細かくちぎる
⑫ それぞれご飯に混ぜ、筍ご飯、栗ご飯にし、終盤は合わせ、筍栗ご飯にして閉める。