正統派すき焼き、中居さんの熟練の技に唸るひと時。

食べ歩き , 寄稿記事

「人形町今半」の暖簾をくぐれば、甘い割下の香りに包まれて、腹がグウと鳴る。

肉が運ばれると。仲居さんが、熱した鉄鍋に割り下を少量流し入れ、赤桃色の肉を広げていく。

肉は加熱され、沸点に達した割下に押し上げられて、小刻みに震える。

その瞬間、肉をさっと返したかと思うと、すぐに引き上げ、小皿に取り分ける。

片面はレア。片面はミディアム。

炊くように焼き上げる、「人形町今半」の中居さんの真骨頂である。

牛肉の甘みが、割り下の旨味と渾然一体となって舌に広がって、肉はふわりと柔らかく、甘い余韻を残して消えていく。

締めには、ふわ玉丼が待つ。

卵と割り下、ご飯の甘みが共鳴して舌を包み込む。

大変危険な締めである。