日本初のフォー生麺の店

食べ歩き ,

ベトナムの麺料理フォーの魅力は、スープと香りにある。

牛骨や鶏ガラ、野菜類を丹念に煮込んだ、深みとクリアーな旨味を合わせ持つスープと、ハーブ類が織りなす爽やかな香りは、実に優しく、洗練された味わいである。このスープに麺の魅力を加えたのが、「チョップスティックス」である。

店は、駅前の大市市場というわずか三十メートル足らずの簡易市場の中にあって、屋台のような小さな店である。

だが店先には、「日本初のフォー生麺の店」という文字が誇らしげに躍っている。

現地では蒸しあげた麺を使っているフォーだが、ご存じのように日本のベトナム料理屋の麺は、乾麺である。

まずは基本からということで、「蒸し鶏のフォー」を頼む。

やがて運ばれたフォーからは、シナモンだろうか八角だろうか、甘い香りが立ちのぼって食欲をそそる。

鶏のスープはふくよかな滋味を漂わせ、飲むごとに旨味を増していく。生麺はやわな乾麺と違って、ほの甘い米の香り漂い、口当たりが滑らかでモチモチとしたコシを弾ませる。

この香りと確かな食感があってこそ、滋味豊かなスープ受け止めるのである。

後日いただいた「温野菜と豆乳スープのフォー」は、さらに麺とスープの相性よく、思わず笑いがこぼれるほどであった。

ぜひ今度は、追加料金を取ってもいいので、バジルや香菜をたっぷり使ったフォーで、スープ、麺、ハーブががっぷり四つに組んだ真骨頂をいただきい。

太鼓判
「温野菜と豆乳スープのフォー」880円
「チョップスティックス」
杉並区高円寺北3−22−8 大一市場内