太陽は、別れを告げた。

日記 , ポエム

太陽は去っていった。
空は、まだ別れを惜しみ、かすかな明かりを抱いている。
温かき昼の恵みに心を震わせ、わずかな灯火をたなびかせる。
だがその余韻も、やがて漆黒の闇に溶けていく。
僕らはその時初めて、切なさを知る。