エクレア会の女王の魅力に陶酔する。

食べ歩き , 寄稿記事

この店のエクレアは、まさしくエクレアである。

齧れば、サクサクッと音が立って、シュー生地が軽快に弾ける。

歯がクリームに達すると、皮はなにごともなかったように、消えていく。

最初の歯応えの痛快と、噛んだ後の淡い喪失感。

これこそがエクレアのエクレアたる所以である。

注文ごとにシュー生地を取り出し、挟む。それだけのことが、エクレアたる輝きを生んでいる。

さらには毎朝作るというアップルパイもいい。

パイの香しさが漂って涎を誘い、食べれば柔らかくなったりんごが舌にしなだれ、甘えてくる。

そこでコーヒーをひと啜り。

香り高きコーヒーが、穏やかにアップルパイに寄り添って、幸せを運んでくる。

銀座「トリコロール本店」