6/26は「ヤァ記念日」である。

やぁ!

〜ヤァ記念日〜
6/26は「ヤァ記念日」である。
2014年の今日、全世界で初めて「ヤァ!」が誕生した。
この写真は、その記念すべき第一回ヤァ!の写真である。
智映ちゃんがいきなり、「これからはヤァ!だ」とい出し、酔っ払いは、ワケも分からず「ヤァ!」をし、その後布教して行くことになるのだが、まさかここまで広まるとは、露にも思わなかった。
あれから6年、世界中で、何千人と「ヤァ!」をしただろう。
写真を撮る時、はいチーズ、一足す一は? ピースあたりが定番だが、これでは口角が上がらない。
「ヤァ」は確実に口角が上がり、笑顔になる。
つまり口角が上がるだけで、健康になるという人間にとっては、すこぶる正しい行為なのである。
では改めて、ヤァ!のやり方をおさらいしよう。
1.撮影者は、3.2.1とカウントし、それに合わせてヤァ!をする
2.基本右手を体の側面に広げた状態で出す
3.できれば肘は体にくっつけ、前腕を45度傾ける
4.ここが一番大事なのだが、必ず「ヤァ!」と、発声する
5.発声と同時に顔を傾ける(不思議なことに顔を動かさないといい顔にならない)
6.大勢の場合は、ヤァ!の手が後ろの人に顔に被らないよう配慮する
7.変顔ヤァ!の場合は、カメラから視線を外し自分を捨てる。
以上である。
この写真は初めてゆえの戸惑いがあった。
これではグランプリに程遠い。
ヤァ!が勝手に広まって、病院で、養老院で、保育園でみんながヤァと写真を撮る日が来ることを祈って。