餃子よ、餃子。君はなにを想ふ。

食べ歩き , ポエム

餃子よ、餃子。君はなにを想ふ。
柔き白肌、温もりに包まれ、なにを想ふ。
肌の一部を焦げ色に染めて、なにを想ふ。
おいしくなれと包んだ願いで体を膨らませ、なにを想ふ。
そっと噛んでね。
カリッと音を立ててね。
飛び出す汁を受け止めてね。
練られた肉の滋味と野菜の優しさを、そっと噛み締めてね。
なにも言わずとも、わかるよ。
君はそう言いたいんだね、
餃子よ。君はなにを想ふ。
柔き白肌 温もりに包まれて、なにを想ふ。